« ダイエット作戦 | トップページ | 落ち込む国語力 »

楽友の死

古くからの音楽友達がまた一人この世を去った。バンジョーのH氏である。ラグピッカーズと言うニュオリンズジャズバンドで知り合い、その後湘南方面のクレセントシティ・ミュージック・メーカーズでもずっと一緒だった。前者のバンドはコテコテのニューオリンズジャズ信奉者の集まりであり、ジャズのタリバン(原理主義者)と世間からは揶揄されてきた。そのなかでも氏はリベラル派で素晴らしいリズム感で皆の信頼を集めていた。湘南方面で立ち上げた後者のバンドでは藤沢本町のクラジャで定期的なライブを開いており、帰りはいつも彼の車で拙宅まで送っていただいた。彼は私を下した後自宅の狛江まで帰って行ったのである。今回の葬儀で立派に親族挨拶をなさった長男の史有氏はその当時まだ中学生くらいだったか、私のサックスの生徒でもあった。最後まで音楽に対する愛情を失わなかったが2年近くの闘病の末、旅立たれたのである。葬儀は故人の遺志に基づき、音楽葬で執り行われた。ニューオリンズスタイルのブラスバンドに始まり、かかわりのあるバンド数バンドが演奏で追悼した。大変印象深い葬儀となり、個人もさぞ満足したであろうと思われる。ご冥福をお祈りする。合掌。

|

« ダイエット作戦 | トップページ | 落ち込む国語力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ダイエット作戦 | トップページ | 落ち込む国語力 »