« 家財の交換時期 | トップページ | この季節の体調管理 »

脳内出血の原因

 先日夕食後何げなく観ていたテレビで面白い健康番組を観る機会があった。テーマは「脳内出血」であるが火曜日のゴールデンアワーの番組なのでご覧になった方も多いと思う。◆先ずは70歳以上の老人が何名かモニターとしてテストに参加する。テストの内容は簡単だ。いろはの頭文字から始まる言葉を1分間に10個以上書くと言うもの。例えば「あ」だったらあし、あご、あゆ、あいだ・・・等など(固有名詞は不可) 簡単なテストではあるが何人かは10個が思い浮かばず、不合格となる。 このテストに不合格になった人たちのMRI検査の結果皆脳の中に小さな出血があることが判明する。 そしてその原因は高血圧や糖尿病と言った成人病の要素ではなく、何と“虫歯菌”なのだ。虫歯なんて過去に誰もが経験があるので菌自体は皆持っている。それでも発病する人としない人がいる。 その違いは「唾液」の量だそうである。唾液の少ない人に発病のリスクが大きい。虫歯菌の悪さを抑えるのが唾液なのである。?そして結論として唾液を出すよう日ごろの訓練が必要との結論に達する。唾液を増やすには舌や顎を強化する事だそうだ。 最近一見健康な人が意外な病気になる話を聴くがこうして思いもよらない要因が病気を誘発することがあるのだなと痛感させられた。

|

« 家財の交換時期 | トップページ | この季節の体調管理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 家財の交換時期 | トップページ | この季節の体調管理 »