« 2019年3月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月

脳内出血の原因

 先日夕食後何げなく観ていたテレビで面白い健康番組を観る機会があった。テーマは「脳内出血」であるが火曜日のゴールデンアワーの番組なのでご覧になった方も多いと思う。◆先ずは70歳以上の老人が何名かモニターとしてテストに参加する。テストの内容は簡単だ。いろはの頭文字から始まる言葉を1分間に10個以上書くと言うもの。例えば「あ」だったらあし、あご、あゆ、あいだ・・・等など(固有名詞は不可) 簡単なテストではあるが何人かは10個が思い浮かばず、不合格となる。 このテストに不合格になった人たちのMRI検査の結果皆脳の中に小さな出血があることが判明する。 そしてその原因は高血圧や糖尿病と言った成人病の要素ではなく、何と“虫歯菌”なのだ。虫歯なんて過去に誰もが経験があるので菌自体は皆持っている。それでも発病する人としない人がいる。 その違いは「唾液」の量だそうである。唾液の少ない人に発病のリスクが大きい。虫歯菌の悪さを抑えるのが唾液なのである。?そして結論として唾液を出すよう日ごろの訓練が必要との結論に達する。唾液を増やすには舌や顎を強化する事だそうだ。 最近一見健康な人が意外な病気になる話を聴くがこうして思いもよらない要因が病気を誘発することがあるのだなと痛感させられた。

| | コメント (0)

家財の交換時期

  今年に入って親しい友人の何人かが体調を崩している。かくいう私自身も例外ではない。要するにそれだけ歳をとったという事である。◆所でこうしてガタがくるのは体だけではない。家の設備も同様に耐用年数を終了するものが増えている。昨年から今年にかけて立て続けにそれが現れた。 まずはトイレの水漏れに始まった。2か所のうち1か所はまだ使えそうだがこの際一挙に2か所とも取り替えた。次に玄関のインターホンである。これはガーガーとうるさくて仕方ない。近隣にも迷惑となる。修理を依頼したがもう限界だとのことで全て買換えである。 これに加えて温水器の不調である。これも業者は全面取り替えを要望したがこれはどうにか修理で茶を濁した。?洗濯機もダメになり買い換えた。 更にベッドである。もう既に40年以上も使ってきた。破損が著しく交換せざるを得ない状況であちこちの店を物色中であったが連休前の特売を利用して交換に踏み切った。大体が家を新築した時に買った家財が築20年間近となるとすべて耐用年数が切れてきているのだ。 これですべて完了したわけではない。今年から来年にかけては外壁や屋根等家そのものの修復も続く。度重なる設備投資により我が家は“財政破綻”寸前である。

| | コメント (0)

« 2019年3月 | トップページ | 2019年7月 »