« 連載エッセイ | トップページ | 迷惑メールあれこれ »

我が家の朝食

 私は昼食や夕食を抜くことがあっても朝食を抜くことはない。朝食が一番美味しいのは私だけだろうか? ◆毎日欠かさず取るのは野菜類と納豆である。野菜はキャベツやブロッコリ、トマト等だ。トマトは四季を通じて知り合いから新鮮な朝採りを入手できる。それに加えて海苔は野菜を巻くなどして必ず食べる。 その一方我が家の納豆はまずゴマ、オリーブオイル、からし、ネギ、それに醤油は少なめとして酢を入れる。これは高血圧を抑える目的もある。しかしこれだけでは物足りない。週に2,3度は卵かけご飯を食べる。私はこの卵かけご飯が大好きなのである。毎日でも食べたいのだがダイエットのため週2,3度に留めているのが実情だ。 池波正太郎は鬼平犯科帳でも藤枝梅安でも良く食事や酒のシーンが登場する。この時登場するおかや肴が実に美味しそうである。彼のエッセイの中にあるが大石内内蔵助は討ち入り前夜堀部家に集合しそこに友人が届けてくれた生卵を割り、準備カモ肉を入れたつゆに混ぜて炊き立てのご飯にかけて食べたそうである。この表現が実に上手そうで昼間でも食べたくなってきてしまう。 そして飲み物は塩分抑制のため味噌汁ではなく、通常は緑茶だけである。まあしかし朝飯が旨いうちがハナである、いわば美味しい朝飯は健康のバロメーターだろう。

|

« 連載エッセイ | トップページ | 迷惑メールあれこれ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 連載エッセイ | トップページ | 迷惑メールあれこれ »