« 浜までは 海女も蓑着る 時雨かな | トップページ

イニエスタの年俸

 スペインの名サッカー選手であるイニエスタが年俸33億円、3年契約で神戸のサッカーチーム“ヴィッセル神戸”への移籍が決まった。日本のサッカー界としては過去最高の高値である。楽天のオーナー三木谷氏が得意げに彼を紹介し、早くも集客に役立てていた。プレー面だけでなく、宣伝効果も高いのだろう。それはさておき、こういう話を聴くといつも感ずるのだが日本の金満家は何故もっとメセナ(企業による文化芸術活動への支援)に投資しないのか?と言う素朴な疑問である。欧米では若手音楽家はこれらの支援によって育てられていると言っても過言ではない。日本ではそんな話は滅多に聴いたことはない。三木谷氏にしろソフトバンクの孫氏にしろ、マスコミの話題になるプロスポーツには惜しみなく金を使うが文化芸術には無関心である。所で昨年東京でオーストラリア人の篤志家がトラッド業界に数千万円の寄付をしていただいた。この基金を基に今年から毎年若手のジャズミュージシャンのニューオリンズ派遣がスタートした。こうした小さな活動がミュージシャンを育てるのだ。額にすればイニエスタ選手に払う金の100分の1にも満たない額でこうした活動ができるのだ。決して貧しいとは言えない日本人のメセナへの無関心さが世界から日本人がバカにされる一因となっているのではないだろうか。

|

« 浜までは 海女も蓑着る 時雨かな | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 浜までは 海女も蓑着る 時雨かな | トップページ