« パソコントラブル | トップページ | 転倒の恐怖 »

血液型による性格判断の愚

 表面的には余り信じていないけど人から言われると気になるのが血液型による性格判断である。これは科学的には全く根拠がない事は分かっているのだが相変わらず周囲にはそれをかたくなに信じる一派がおり、またそういう話が広く流布していることも事実である。私はA型だがそれを言うと“ああ、やっぱりね。”なんて言われる。何がやっぱりなのか分からないが一説にはA型の人は几帳面であるという事だ。余り当たってない。それはさておき、私がちょっと血液型診断でまあそうかな?と思うのはAB型の人に関して良く言われることである。AB型は自分の意見を強く出し、我が道をゆくタイプが多いというものだ。たまたま私の周囲ではミュージシャン仲間にAB型が多い。血液型との関連は不明であるが概してミュージシャンは自己主張が強いのが当たり前である。そういう意味では一面当たっていなくもない。ただ血液型に限らず、人間なんてものはそう簡単に類型別に分けられるものではないと思うのだ。強さと弱さ、清と濁、感情と理性,そういうものを皆合わせ持っているのではないだろうか。だから一概に血液型だけで几帳面だとか感情的だとか決めつけるのは如何なものかと思う。そういう話が出た時には「ああそうか、この人はそういうことを信ずる人なのだな」と判断することにしている。

|

« パソコントラブル | トップページ | 転倒の恐怖 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1037373/73072227

この記事へのトラックバック一覧です: 血液型による性格判断の愚:

« パソコントラブル | トップページ | 転倒の恐怖 »