« “マディソン郡の橋”を観て | トップページ | 舛添シアターの終焉 »

歯ブラシの選択

 6年ぶりに歯医者に行った。取り立てて悪い所はなくても末永く楽器を吹くためには自分の歯を大切にしなければならないのは重々承知である。ただしかし何となく億劫で足が遠のいていたのである。先ずは開口一番「高橋さん、少なくとも毎年1度は来て下さいよ」と言われてしまった。平謝りである。幸いにも歯垢の除去だけで数回で診療は完了した。

 私は勝手に歯垢が意外に少なかったのは電動歯ブラシのお蔭・・・と信じており、それを歯医者に言ったら「電動歯ブラシは歯のために良くない!」と断言されてしまった。しかし何とも判然としないので友人のベテラン歯科医に“セカンドオピニオン”を訊いた。やはり「電動歯ブラシは歯を磨滅する恐れがある。ただし使い方次第では有効だ。」とのお墨付きを得た。

 使い方次第とは同じ方向に強くこすりすぎると歯を傷めるそうである。色々な方角から柔らかく磨きこめば磨きにくい奥歯の裏側なども磨けるので有効」だとのこと。だから小さいお子さんの場合などは使用を控えた方が良いのかもしれない。
 一般的な世間常識やテレビのCMばかり観て信じ込むのはとても危険なことだな・・・と改めて考えさせられたのである。いずれにせよこれからは少なくとも1年に一度は歯医者の門を叩こうと決心を新たにした。

|

« “マディソン郡の橋”を観て | トップページ | 舛添シアターの終焉 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1037373/65806060

この記事へのトラックバック一覧です: 歯ブラシの選択:

« “マディソン郡の橋”を観て | トップページ | 舛添シアターの終焉 »