« 気になる”尾てい骨座り” - 2013/09 | トップページ | 勝者のマナー - 2013/10 »

活動報告 2013年9月

----- 祐天寺ジャズ祭り -----
 祐天寺ジャズ祭りに招かれたのは今年で5回目である。毎年駅近くの上目黒小学校講堂で行われていたコンサートだが今年は祐天寺駅前ロータリーが会場となった。ステージは良くある駅前ロータリーの芝生の上であり、客席はバスやタクシーが頻繁に通る道路を挟んでの向かい側。演奏中もひっきりなしに目の前を車が通過して行く。バスの乗客は物珍しげに車中から眺めている。
 演奏は我々Big18オーケストラを中心にしてゲストはテナーサックスの名手菊地康正さん及び地元のジャズ歌手、稲里ひろみさんであった。菊地康正さんは文字通り日本を代表する名プレーヤーであり、ライブ活動の他沢山の生徒を抱えて日本全国を飛び回っている。私のジャズ教室でも彼の監修による教則本を使わせていただいている。
 街の騒音に囲まれて余り良い環境とは言いかねたが菊地康正さんのテナーサックスからは重厚な音が鳴り響いており、見事な演奏であった。稲里さんも地元の歌手とあって観客からは盛んに熱い声援が送られていた。我がBig18はジャズに初めて接するお客さんの存在も意識し、定期演奏会での演奏曲とは違った親しみやすい曲を中心にプログラムを組んだ。そのせいか“懐かしくて感激した”などのありがたいコメントをいただいた。深く感謝である。
 コンサートは2ステージ2時間の長丁場であった。そればかりでなく午後の強い日差しの下でのリハに続いて夕闇迫るころからの本番で拘束時間は合計5時間にも及び、さすがに終演後はぐったりであった。やはりこうした野外演奏は屋内演奏より何倍も疲れるものである。いつも行う近くの居酒屋での後呑みもせず、一路東名高速の帰途についた。
《当日の演奏曲》
1st.ステージ
 1,  Battle hymn of republic
  2,  Take the A train
  3,  Sister Sadie
  4,  ろくでなし(稲里ヴォーカル)
  5,  Be same mucho(同上)
  6,  On the sunny side of the street(同上)
  7,  Tenor madness(菊地テナーフィーチャー)
  8,  My funny Valentine(同上)
  9,  Exodus(同上)
10, 上目黒小学校校歌(ジャズアレンジバージョン)
11, すずかけの径
12, In the mood
2nd.ステージ
 1. Sail along silvery moon(波路はるかに)
 2. Night in Tunisia
  3.  サントワ・マミー(稲里ヴォーカル)
  4.  キエンセラ(同上)
  5,  Lullaby of Bird land(同上)
  6.  Holyday(菊地テナーフィーチャー)
  7.  Drum boogie(同上)
  8.  Danny boy(同上)
  9.  American patrol
10. Misty(高橋アルトフィーチャー)
11, Tie a yellow ribbon

|

« 気になる”尾てい骨座り” - 2013/09 | トップページ | 勝者のマナー - 2013/10 »

コメント

高橋さん、ごぶさたしています。老婆心ながら、「菊地康生」は「菊地康正」さんのことですか? 早く直したほうがいいですよ。ご本人が読んだら不快でしょうから。

投稿: じぇじぇじぇ | 2013年10月27日 (日) 08時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1037373/53535814

この記事へのトラックバック一覧です: 活動報告 2013年9月:

« 気になる”尾てい骨座り” - 2013/09 | トップページ | 勝者のマナー - 2013/10 »