« 近頃の若いもんは・・・ - 2008/10 | トップページ | 亭主元気で・・・ - 2008/12 »

義父の死 - 2008/11

 10月19日義父が亡くなった。97歳と5日目であった。彼は歳に似合わずダンディな人で老人にありがちな気難しさはない。私が退職してから約10年間通院や買い物には頻繁に付き合い、食事を共にした。また彼は酒が好きで自宅の彼の部屋を訪れると必ず“飲んで行けよ”と1升瓶を持ち出してくる。家人が“お父さん、今日は三雄さんは飲まないの!“私も一応辞退はするのだが顔には「ノ・ミ・タ・イ」と書いてあるのかもしれない。2、3杯、いや4,5杯かな・・・いつもコップ酒をゴチになったのである。

 驚くべきはこの歳になってもボケる所か実に記憶力が良く話も面白いことだ。しかも周囲への気配りがハンパではない。何故あのように頭がしっかりしているのだろう、永年不思議に思っていたのだが死後遺品を整理していて秘訣の一端が解明した。日記である。3年式の日記で前の年の出来事と対比で来るようになっている。きれいな字でその日の出来事と寸評が克明に記されている。そして重要なことは赤い字で書かれているのだ。これが周囲への気配りと記憶力の維持の根底をなしていたのだろう。

 日記は8月の入院前に絶筆となるまで何十年も続けられたのである。さすがにここ1年くらいは足腰も大分弱まり酒もドクターストップがかかってそうは飲めなくなった。死後自宅に戻った遺体の唇には綿棒に酒をたっぷり含ませて浸してあげた。天国の歓迎会で浴びるほど飲んでください。ご冥福をお祈りする。合掌。

|

« 近頃の若いもんは・・・ - 2008/10 | トップページ | 亭主元気で・・・ - 2008/12 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

お義父様とのやりとりが、一幅の絵にみえます。きっと素晴らしいお義父様だったのですね。また高橋さんがお婿さんで良かったでしょうね。私の義父は教師を退いてなお、いまだに大学にいき、またボランティアで小学校に英語を教えにいってます。気が若い(笑)see you againを何故か?againto youというおじいちゃん先生、まじでおしえられるか一抹の不安が…残るのはわたしだけ…?まだまだ生命力あり。実父は八年まえになくなり母も昨年なくなり、紅葉に旅すると涙がでました。ミイラでもいいから生きていてほしかった。いつか私もミイラになるのかなぁ〜(笑)RUMI YAMAMOTO

投稿: RUMI | 2008年12月 2日 (火) 02時11分

やまもとさん、書き込み有難うございます。
義父の49日法要も先週済ませました。
おっしゃるとおりしゅうとと婿は案外さらっとした付き合いなので上手く行くのでしょうね。
家内はやはり実父ですから毎日見舞いに行っていた頃を懐かしんで未だに涙してます。

投稿: みつお | 2008年12月 4日 (木) 08時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 義父の死 - 2008/11:

« 近頃の若いもんは・・・ - 2008/10 | トップページ | 亭主元気で・・・ - 2008/12 »