« もったいないの功罪 - 2008/08 | トップページ | 近頃の若いもんは・・・ - 2008/10 »

暗算の効用 - 2008/09

 私が小学生の頃は今のような学習塾と言うのはなく、珠算塾が繁盛していた。当時通っていた珠算塾の先生に引率されて横須賀市の珠算競技会に参加した。読み上げ算、読み上げ暗算と言う競技会独自の種目があり初出場の私は読み上げ暗算であれよあれよという間に勝ち残り、とうとう優勝してしまった。他の種目の好成績もあり若い塾の先生はよほど嬉しかったのだろう。食事をご馳走になり帰りは皆揃ってタクシーで追浜に帰った記憶がある。
 その暗算は後に会社で会議の時等計算が速くできてそれなりに活用できた。またレストランで金額をいち早く集計できて自慢したりしたものだがこんなことは今では何の役にも立たない。今やレジでは自動的に集計ができているし電卓なんか100円ショップでも買えるのだ。
 ただ個人的な考えだが暗算は右脳の訓練に役立つのではないだろうか。言うまでもなく暗算は足し算や掛け算を頭で考えるのではなくそろばんを頭に浮かべて行うイメージ操作である。手先が不器用な私はそろばんだと1が2になったりしてよく間違うのだが暗算であれば頭の中の画像は瞬時に間違いなく対応してくれた。(昔はだけど。)これはまさに左脳での計算作業ではなく右脳でのイメージトレーニングと言える。右脳を良く使う人はぼけにくいと言われている。今からでもボケ防止を狙って“中高年暗算教室”・・・なんて如何なものだろうか。

|

« もったいないの功罪 - 2008/08 | トップページ | 近頃の若いもんは・・・ - 2008/10 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暗算の効用 - 2008/09:

« もったいないの功罪 - 2008/08 | トップページ | 近頃の若いもんは・・・ - 2008/10 »