« マイ視力 - 2008/02 | トップページ | 戸隠の旅 - 2008/04 »

オールナイトジャムセッション・イン・土樽 - 2008/03

毎年恒例の土樽ジャムも今年で22回目を迎えた。会場となる土樽山荘は越後湯沢から上越在来線で15,6分ほどの無人駅土樽のすぐそばにある。かつてはスキー客でにぎわっただろうが数年前スキー場は廃止し、既にスキーリフトもない。この山荘もスキー客は泊まりに来ていない。ここにジャズ好きのプレーヤー、リスナーが70名余りも集結し、夜を徹して大騒ぎするのである。参加者は東京ばかりでなく、大阪、群馬、新潟から参加する者もいる。今年は猛吹雪となり往きでは最高11時間もかかって深夜に到着した者もいた。帰りも猛吹雪はやまず電車もベタ遅れ。全員寒い土樽駅でいつ来るか分からない電車をただひたすら待った。全く難民さながらの有様で電車が見えたときは皆一斉に拍手が起こったほどであった。こんなにひどい状態は初めてだそうである。しかし夜のジャムは例年にも増して大変な盛り上がりを見せた。7時から始まった1次会は12時で中締めし、その後はタフな連中が居残っていつ果てるともなくジャムセッションを繰り広げたのである。寝たのは明け方のホンの2,3時間であった。あんなに難行苦行の旅だったにも拘らず、無事東京駅にたどり着いた時にはもう来年の再会を約束しあったのである。

|

« マイ視力 - 2008/02 | トップページ | 戸隠の旅 - 2008/04 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オールナイトジャムセッション・イン・土樽 - 2008/03:

« マイ視力 - 2008/02 | トップページ | 戸隠の旅 - 2008/04 »