« さよなら、フィジティフィートジャズバンド - 2007/12 | トップページ | マイ視力 - 2008/02 »

‘07年の漢字「偽」 - 2008/01

‘07年の漢字「偽」をテーマに駄句でまとめてみる。「偽(にせ)の字は 人の為よと うそを言い」。それにしても後から後から偽装問題が出てきたものである。毎週のように会社幹部のお詫び会見を見せられてこれでは「重役は お辞儀の練習 平素から」ということになってしまう。しかし一番ひどかった会見は吉兆の女将だ。「頭が真っ白になって・・・」と小さい声で指示、その通り幹部(息子かしら)が繰り返す。まるでアドリブソロの横でフレーズ歌ってやるようなものではないか。「お詫びでも 人のフレーズ 盗むバカ」。あれくらい覚えて来いっつうの。あれで先輩(?)の赤福の影も薄れたね。「赤福も お前にゃ負けたと 吉兆に」だろう。でも身近な所でもあるぞ。「エステ通い 賞味期限の 偽装なり」しかしこれは美しくなりたい涙ぐましい努力だから許すか。他人事ではない、自分も人間ドックでは偽装している。「酒の量 過少申告 誰のため」・・・反省!でも偽装問題は内部で抱えて公表できずほとぼり冷めるのを待って越年した企業もあったかもしれない。「亥(い)から子(ね)へ 物陰隠れて すばしこく」でバレずに済ませる奴がいないことを祈るのみだ。オソマツ!

|

« さよなら、フィジティフィートジャズバンド - 2007/12 | トップページ | マイ視力 - 2008/02 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1037373/20836861

この記事へのトラックバック一覧です: ‘07年の漢字「偽」 - 2008/01:

« さよなら、フィジティフィートジャズバンド - 2007/12 | トップページ | マイ視力 - 2008/02 »